株式会社ルミネ ルミネメイト採用情報

正社員登用制度 小幡 理恵

正社員登用制度

小幡 理恵RIE OBATAルミネエスト店2009年度入社

ルミネメイト時代からエスト店でキャリアを重ねる。2011年にサブリーダー、2012~2013年にリーダーを務めた後、2014年7月から営業部の正社員に。
フロア担当としてショップをサポートする一方、部内各グループを順番に回り、幅広いスキルを身につける。

入社~ルミネメイト時代

一期一会の精神で磨いた
接客スキルが今に生きている

入社~ルミネメイト時代

持ち前の好奇心から、学校卒業後は美容、広告業界などさまざまな仕事に関わっていました。さまざまな知識や経験を得る中で、人としてもっと成長したい思いが強くなりました。自分を見つめ直して気づいたのは、お客さまのよろこんでいる顔を直に見られる仕事に関わりたいということ。そんな時に出会ったのが、学生時代からその華やかさに憧れていたルミネメイトの仕事。現場で働く先輩方はいつも笑顔でキラキラしていて、私も一緒に働いてみたい、という思いが強くなっていたのです。

お客さまと接する時は、一期一会の気持ちを持って臨んでいました。目の前のお客さまに心からご満足いただけているかを常に確認しながら、ほんの小さなことでも、お客さまの心に残るやり取りを交わしたい。そんな思いで接客の経験を積み重ねました。現場は思っていた以上に忙しい日々が続きましたが、お客さまの言葉や仕草から気持ちの変化を瞬時につかみ、求められている以上のご案内をご提供できるようになったと実感できた。今、ショップスタッフや社内外の方々から「話しやすい」「相談しやすい」と言っていただけるのは、この時に身につけた臨機応変の対応力のおかげだと思っています。

新たな挑戦

メイトでもできる、ではなく
メイトだからこそできる

新たな挑戦

サブリーダー、リーダーと、ルミネメイトとしてキャリアアップを遂げる中で、新しいことに挑戦したい、もっと多くのことを学びたい、という気持ちが芽生えてきました。真っ先に正社員登用制度が思い浮かびましたが、ルミネメイトだった先輩が営業部の正社員としてパワフルに働く姿を見ていると、自分にできるだろうかと不安ばかりが大きくなっていきました。リーダーになってから営業部の方々と仕事をする機会が増えたといっても、目には見えない業務がほとんどで、立場も取り組みもまったく違う正社員の仕事に、それまでの経験がどれだけ通用するのかがわからず、踏ん切りがつきませんでした。

決意を後押ししてくれたのは、営業部で働く先輩の一言です。「仕事のやり方に、ただ一つの正解なんてない。お客さまとショップスタッフが笑顔になることが正解だよ」。この言葉を聞いて、ルミネメイトとしての目線やお客さま応対のなかで得たものを活かせば、すでにいらっしゃる正社員とは別の角度からお客さまやショップの力になれるのではないかと考えられるようになりました。ルミネメイトをめざした時の「人をよろこばせたい」という気持ちを思い出し、相手のためになることや自分にできることを絶えず実践し続けようと、正社員への道を志しました。

現在の仕事

自信になる出来事が
少しずつ増えていく日々

現在の仕事

正社員になってからはフロア担当としてショップを盛り上げるためのサポートを行っているほか、営業部内の各グループに一定期間ずつ配属されて一通りの仕事を覚える「ジョブローテーション」を経験中です。お客さまにより良いサービスをご提供するためのショップサポートを行う営業推進グループでは、ショップスタッフ向けの英語セミナーを担当させていただきました。決して英語が得意なわけではないのですが、新宿という土地柄、外国人のお客さまが多く、ルミネメイト時代に英語を使った基礎的な接客スキルが身についていたため、現場で役立てていただき、かつお客さまによろこんでいただける英会話を盛り込んだ内容を実施したところ、ショップの方々には好評で少し自信がついたように思います。館内で「英語セミナーの方ですね」などと声をかけて頂くと、仕事を認めてもらえたようで充実感がありました。

後輩を育成してきた経験も役立っています。リーダーとしてチーム力を高めるために行っていたのは、メンバーの様子をよく観察してこまめに声をかけること。これを営業部でも続けているのですが、「新入社員の子が、よく小幡さんが声をかけてくれるので助かっているって言っていたよ」と先輩社員から嬉しい言葉をいただけました。 また、2016年2月からはルミネメイトをサポートするルミネメイト担当を任せていただき、一緒に働いてきた後輩と新しい形で業務に関わっています。これからは、正社員として勤めてきた経験をルミネメイトの皆さんへ還元することが私のミッションです。

ルミネで働くよろこびとは?

自分を大きくしてくれる
挑戦の機会にあふれたステージ

ルミネで働くよろこびとは?

正社員になってからお客さまと接する機会は減りましたが、ルミネの社員である限り、どんな仕事にもその先にはお客さまがいます。感動、あたらしい発見、ワクワクする気持ちなど、お越しいただいたすべてのお客さまに「来てよかった」と思っていただけるような仕事がしたいですね。お客さまだった頃の私にとって、ルミネは訪れる度に新しいものを見つけたり、他よりもちょっとおしゃれなものが手に入ったり、常に気持ちが高まる空間でした。これからもずっとお客さまにそう感じていただけるように、見えないところから支えていければと思います。

正社員登用制度を始め、ルミネはいろいろなことに挑戦できる会社です。「失敗してもいい。まず一歩を踏み出してほしい」という社長の思いの下、年齢や経験に関係なく、やりたいと思ったことを任せてくれる。それはルミネメイトでも、正社員でも変わりません。積極的に経験を積んで、どんどん成長できる。後輩の皆さんには、「自分はここまでしかできない」なんて、挑戦する前から可能性を狭めることはせずに、枠を取り払って大きくなっていただきたいです。いつでも前向きな心を持ち続けて、日に日に成長していく自分を楽しんでください。

キャリアプラン

ページトップへ