ルミネメイトのキャリア

自身の目と感覚を通して
ニュウマンの魅力を
広く深く伝える役割を担う。

正社員インタビュー

山中 理紗 RISA YAMANAKA
ニュウマン新宿店 サブリーダー 2015年入社

コンシェルジュとして
何ができるか、
常に考え続けています。

ニュウマンに異動し、ルミネメイトとしての意識に変化はありましたか?

ニュウマンは、ルミネよりも少し大人の世代に向けた館です。ですからルミネメイトもさらにおもてなしの質を上げ、コンシェルジュ(ルミネメイトのニュウマンでの呼称)を目指していこうというのが私たちの取り組みになっています。そこで改めて「コンシェルジュの定義とは何だろう」「ルミネメイトとの差別化はどうしたらいいのか」という根本のところから、チーム全体で考えました。館自体も新しく、すべてを一から創っていく感覚があったため、充実感と共に大きな責任を感じました。

コンシェルジュとルミネメイト、業務の上で何か違いはありますか?

基本的には変わりませんが、館内に出店しているショップとのつながりはより密になったと思います。営業部を通してショップ情報を得るのではなく、私たち自身がショップを訪れインタビューし、その魅力を直接発信する、そんな機会が増えました。その発信の一例が、ニュウマンのサイトに掲載中の「コンシェルジュコラム」ですね。もちろん普段のご案内業務などでも、私たちの視点を交えながら、お客さまに喜んでいただける多角的なご提案をすることを心がけています。

山中さんの“メイトライフ”

  • 1年目

    ルミネメイトデビュー

    先輩ルミネメイトがキラキラ働く姿を目にするうち、自分もこんな人になりたい、この場所で自身を成長させてみたいと思うようになり入社。最初の配属先は有楽町店。

  • 2年目

    ニュウマン異動

    「お客さまの満足」を得る、それ以上に自分にできることはないかと考えるようになった頃、ニュウマンに異動。従来よりもワンランク上の接客を目指すように。

  • 3年目

    課題を持って業務に取り組む

    コンシェルジュとして多彩な業務に従事。お客さまに対し、伝えたいことはまだたくさんあると気づき、それをどうやって実現させるか模索。

  • 4年目

    正社員登用

    業務の幅が広く、仕事自体もとても楽しいルミネを離れたくないとの思いから、正社員登用試験を受験。合格後は、さらに活躍の場を広げられると大きく期待。

広がる活躍の場
活かしていきたい
自身の持ち味。

正社員を目指すことに決めた理由は?

およそ3年間ルミネに勤務して、会社そのものがすごく好きになり、離れたくなくなったから。同時に、目の前のお客さまにルミネの良さを伝えるだけでなく、活躍の場を広げてもっと別の角度からもその魅力を伝えられるようになりたいと思ったからです。正社員登用試験合格後は、長いタームで仕事を捉え、働くことを通して自分がどうなっていきたいか考えるようにもなったように感じます。

今後の目標について教えてください。

現在、お客さまに喜ばれる活動について考えるグループワークなどを行うショップスタッフさん向けセミナーの企画・講師をしています。これは、通常よりも少しレベルの高い応用編セミナーがあってもいいのではとコンシェルジュから声を上げて立ち上げられた企画です。「お客さまの喜び」を下支えするとてもやりがいのある業務ですが、ゆくゆくは営業部社員として、さらに幅広い経験を積んでみたいと考えています。また、得意な英語・中国語を活かして、海外にも発信できる広告や販促ツールの作成に携わり、ルミネの魅力を世界中に届けてもいきたいですね。