ルミネメイトの仕事

“適材適所”のチームづくりで、最大限のパフォーマンスを。

リーダー/チームビルディング

関口 操AYA SEKIGUCHI

ルミネ横浜店 リーダー 2012年入社

9人のメンバーで館のおもてなしを担う
ルミネ横浜店のルミネメイト。
お客さまに笑顔を届ける絶妙なチームワークの
秘訣とは?リーダーに伺いました。

一人ひとりがチームに不可欠な存在。

どのようなチームを目指していますか?

メンバー全員が「自分はチームにとって不可欠な存在」と胸を張って思えるようなチームづくりを心がけています。そのためには一人ひとりが自分の仕事に責任を持ち、やりがいを感じられる環境をつくることが重要だと感じています。

具体的にはどのような取り組みを行っていますか?

チーム内で仕事を振り分ける際、それぞれの強みを意識した“適材適所”の割り当てを意識しています。得意なこと、好きなことを任せてもらえれば、仕事に対するモチベーションが上がり、スキルアップにも繋がるからです。その結果、チーム全体としてより良いパフォーマンスが発揮できると実感しています。

褒める時は堂々と、アドバイスは状況を見て。

メンバーと接する際、意識していることは何ですか?

メンバーの長所や強みを見つけたら、小さなことでも意識的に褒めるようにしています。メンバーに対するさりげないサポートや、お客さまへのちょっとした心遣いなど、得意なことほど本人は無意識に行っているケースが多いです。「今の応対良かったよ」など声をかけることで、本人の自信に繋げると同時に、「私も見習おう」とほかのメンバーが気づきを得るきっかけをつくっています。

反対にアドバイスをする時は、どうしていますか?

注意をする時には、周囲に人がいない状況を選びます。営業部など周りに人が多い場合は場所を変えて、1対1で話します。その方が本人も周囲を気にせず、集中して素直にアドバイスが聞けるからです。話をする際は誰かと比べるような言い方はせず、本人にとってベストな解決策を一緒に探っていく姿勢を大切にしています。

今後の目標を教えてください。

表情や会話なども含め、一人ひとりが自分らしいおもてなしができるようになることです。プレゼントをお探しのお客さまには「喜んでいただけるといいですね」、雨の日であれば「お気をつけてお帰りください」など、状況に応じて自分の言葉で語ることで、よりお客さまに寄り添うおもてなしを目指したいです。

関口さんのキャリア

  • 入社

    「お客さまを笑顔にする仕事に就きたい」と2012年4月、横浜店に入社。

  • ルミネメイトデビュー

    親身にサポートしてくれる先輩たちに支えられ、成長を実感。「仕事が楽しい!」と思える毎日に。

  • サブリーダー就任

    2016年12月、サブリーダーに就任。リーダーをサポートしながら、マネジメント業務にも携わる。

  • 正社員登用

    「今後もルミネで長く働いていきたい」という思いから2017年4月、正社員登用試験を受けて合格。

  • リーダー就任

    2017年11月からリーダーに就任。リーダーとしてメンバーの育成やチームワークの向上に尽力。