株式会社ルミネ 新卒採用情報

NEW GRADUATES RECRUITING INFORMATION

2018年3月1日よりエントリー受付を開始します

正解がない中、
売上という結果をめざし、
フロアの独自性を引き出しつつ
館のコンセプトを形成。

渡名喜 暁子TONAKI SATOKO

ルミネ新宿店 営業部 業態改革グループ
(現職 ニュウマン新宿店営業部)
2008年入社 教育学部中等教員養成課程卒

入社からこれまでの経歴
2008年4月
大宮店 営業部
2009年9月
販売研修
2010年3月
大宮店 営業部
2013年3月
ルミネ新宿店 営業部
2016年2月〜
現職

長期的なスパンで
館のコンセプトを方向づける仕事。

業態改革グループの仕事

  • ■館のMD計画及びコンセプトの策定
  • ■ショップリーシングから契約にいたるまでの業務全般

業態改革グループでは、長期的な目標を立てて館のコンセプトの検討や方向づけをしながら、既存店との契約交渉や新規店のリーシングなどを行います。社長をはじめ、出店オーナーやショップマスターなど、日頃からさまざまな人と接するため、常に広い視野を持ち、相手の想いや立場を考慮したコミュニケーションを心がけています。特にご出店者様とのミーティングでは契約期間や家賃などデリケートな内容について話し合う機会も多く、アプローチの仕方や言葉遣いを考慮しながら交渉を進めます。心を開いてもらうためにも交渉の前にはできるだけ歴史や企業理念など相手についての理解を深めることから始めます。そうした情報から本題に入る前のアイスブレイクをすることができ、相手にとってシビアな交渉でも印象を変えたり信頼関係を築けたりします。

ご出店者さまに真摯に向き合ってこそ、
契約合意に近づける。

異動した当初は、自分の役割の重要性を本当のところでは理解できていなかったように思います。例えば家賃交渉の話し合いの場で条件を上げることが相手にとってどれほど重大なことであるかは、ご出店者様と接していく中で徐々に実感していったことです。先輩の交渉の場に同席させてもらい、進行の仕方を学んだり先輩にロールプレイングの相手をしてもらったりする中で交渉スキルもアップ。まだまだ勉強中ではありますがお互いに気持ちよく交渉を進める方法も習得できるようになりました。真剣勝負の話し合いでは小手先だけのテクニックは通用しません。戦略を練ることはあっても、根底にあるのはお客さまに喜んでいただきたい気持ちや一緒にルミネを良くしていきたいという想いです。最初は難色を示していたご出店者様とも真摯に向き合い、粘り強く交渉する中でお互いの理解が深まり、契約合意に至った時には大きな達成感が得られます。

ターゲット像を明確にすることで、
フロアの差別化を図る。

館のコンセプトづくりをする上で、各フロアのコンセプトを打ち立てて差別化することもとても重要です。フロアごとの独自性がなければ、お客さまは回遊してくださることはあっても購入までの動機が得られない可能性があります。そこで各フロアのメインターゲットとなるお客さまの年代・ライフスタイル・嗜好性・価格帯などを見直すコンセプトシートを作成。特に課題となったのは30代女性をターゲットにしたルミネ1の3Fと4Fでした。もともとあまり違いが出せていなかったこの2フロアについては、働く女性のONとOFFをコンセプトに差別化を図ることにしました。フロアコンセプトが明確になったところで、次はリーシングを見直すことに。現場を最も理解しているフロアマスターに相談しながらショップの入れ替えを行いました。感度の高いショップがひとつ入るだけでもフロア全体の雰囲気が変わります。同時に床の張り替えをしたことで各フロアのイメージを刷新しました。正解がない中、悩みながらの決定でしたが、新規出店ショップが計画値を達成するなど、売上という数字として結果が出た時には心底ホッとしました。

くよくよしていた時、
背中を押してくれた後輩の存在。

今でこそ会議などでも積極的に発言している私ですが、実は入社当初は保守的なタイプでした。もともとファッションにそれほど詳しかったわけでもなく、はじめのうちはミーティングで飛び交うショップ名も分かりませんでした。周囲から「そんなことも知らないの?」と思われないか恐れるあまり、発言もできませんでした。そんな私に転機を与えてくれたのが後輩の存在です。果敢に発言する後輩の姿に焦りを覚えると同時に、先輩である私が発言しないことでディスカッションを停滞させてしまうことに気づきました。そこで、街歩きや雑誌などから積極的に情報収集をするように。思い切って発言してみると、みんなが真摯に耳を傾けてくれ、同じように感じていたことも分かり一人でくよくよしていた時よりもずっと気持ちがラクになりました。自分の決定が館全体の方向性や売上を左右するという責任感を抱きながら、同時にそれをモチベーションにすることで、今後も邁進していきたいと思います。

  • 1日のスケジュール
  • 仕事の流れ
10:00出社
メールチェックや書類作成・処理などのデスクワークを行います。
11:00開店対応
お客さまをお出迎えする準備ができているか館内をチェックします。
12:00ランチ
新宿で話題のお店があれば偵察を兼ねてランチへ。
13:00フロア巡回
担当フロアのお客さまの様子やショップのディスプレイなどを見て回ります。
15:00展示会に参加
担当ショップの新作展示会へ。今シーズンのトレンドやイチオシ商品をいち早くチェックします。
17:00退社
退社後、ご出店者様や店長、社長と会食。来期の方向性や施策について話し合います。

新規契約交渉の流れ

1月〜2月
契約満了の半年前に契約の方向性を決定
2月〜5月
方向性をもとに既存ご出店者様と契約交渉
新規リーシングプランを練り、出店交渉
6月〜8月
決定した内容に基づいて書類を作成
8月末〜9月
ショップオープン