株式会社ルミネ 新卒採用情報

NEW GRADUATES RECRUITING INFORMATION

信頼関係がなければ
挑戦は始まらない。
周囲と連携していく中で
フロアの新たな魅力を引き出す。

原 麻都香HARA MADOKA

ルミネ立川店 営業部 営業推進グループ フロアマスター
2010年入社 都市教養学部都市教養学科卒

入社からこれまでの経歴
2010年4月
新宿店営業部
2011年9月
販売実務研修
2012年3月
新宿店営業部
2015年3月〜
現職

ショップの独自性×地域の特性から、
館の魅力を醸成していく仕事。

フロアマスターの仕事

  • ■担当フロアのショップ運営サポート
  • ■ルミネとショップ、ショップとショップをつなぐためのマネジメント

私は現在、フロアマスターとして4Fにある20代向けのレディスファッションを扱う37店舗を担当しています。フロアマスターの仕事は、売上や顧客数アップを目指しショップをサポートすることです。各ブランドの独自性を引き出しつつ、地域性や出店されるフロアのカラーを考慮することも重要です。学生や親子連れのお客さまが多い立川店では都心部の館に比べ、じっくりお買い物をされる方が多く、丁寧にアドバイスをするなど安心感のある接客が好まれます。定量的な数値分析はもちろんのこと、商品についても派手なものよりデイリーで着回しが効くものの方が需要が高いといった定性的な傾向を併せて分析することにより、一層お客さまのニーズに合った館づくりを目指します。

信頼関係を築きながら、
フロア全体で相乗効果を目指す。

フロアを巡回する時は「どのショップにどのように働きかければフロア全体が活気づくか」を意識しながら、お客さまの動向や商品のディスプレイなどをチェックしています。月例のフロア会ではそれぞれのショップの課題や成功事例などを共有。たとえ競合するショップであっても、共通する疑問や課題はあります。必要な情報を共有することによって相乗効果で営業推進力アップを目指すことができます。フロアマスターとして常に意識しているのは、新人時代に先輩から言われた「ルミネのためにショップがあるのではなく、ショップの方向性や独自性を引き出すためにルミネがある」という言葉です。これは新人だった私にルミネの存在意義を教えてくれた言葉ですが、フロアマスターになった今では以前にも増してその言葉の深さを理解できるようになりました。自分ひとりで試行錯誤するのではなく、売上の分析結果や地域性などのデータを提供していく中でショップスタッフに主体的に動いてもらえるサポートを意識しています。そうして少しずつ信頼関係を築いていく中ではじめて提案が受け入れられ、悩みも深刻化する前に打ち明けてもらえるようになると実感しています。

ブランドの垣根を超えた
コラボショップを実現。

現在は周囲と積極的に連携していく中で、よりスピーディで柔軟な課題解決やスケールの大きい企画提案を実現しています。そのひとつがコラボショップのイベントの実施です。「もし異なるショップの商品を同時に手に取れたら、フロアを行き来する手間が省けるだけでなく、多彩なコーディネートをお客さまに楽しんでいただけるのではないだろうか」という想いから4Fで人気の2店舗による、期間限定コラボショップの開催を提案。どちらも同じ企業のショップでしたがブランドが異なるため、それまで交流が盛んなわけではありませんでした。そこでまずは各ブランドの本部に企画内容をプレゼンし、顔合わせや意見交換の機会を設けることに。社内では販売促進グループに相談し、館の玄関口である2Fエントランスにショップを設営できるよう調整してもらったり、館内に置く販促チラシに掲載できる枠を教えてもらったりと密な連携を図りました。その結果、期待以上の売上を達成。何よりも嬉しかったことは双方の担当者から「ブランドの垣根を超えるこれまでにない企画に挑戦することができ、今後につながる関係性を築くことができました」と言っていただけたことです。それぞれのブランドと信頼関係を構築しているフロアマスターだからできたコラボ企画の成功に大きな達成感が得られました。

データには表れないリアルな情報を、
実体験から読み解く。

最近では従来のもの消費から、環境への配慮や社会貢献など商品の背景まで理解した上で選ぶコト消費にマーケットがシフトしています。そうした傾向も踏まえ、話題のブランドの製造現場などを視察できる「ショップマスター研修」など、社内にはショップと一緒になってマーケットの“今”を学べる機会がたくさんあります。またプライベートでも話題の商業施設やレストランに行ったりルミネの顧客層である友達に会ったりしながら、データには表れないリアルな情報を実体験から吸収しています。お客さまに新たな価値観や体験を提供するには、まずは自分自身がそれを体感し感性を研ぎ澄ましておくことが不可欠です。エネルギッシュな社員が多く、先輩はもちろん、後輩からも良い刺激が受けられる点は当社の魅力のひとつ。若手のうちからどんどん発言できる自由闊達な社風の中、みなさんも豊かな創造性を思う存分発揮してください。バイタリティあふれるみなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。

  • 1日のスケジュール
  • 仕事の流れ
9:30出社
デスクワークと朝礼を行います。
11:00〜12:00フロアミーティング
フロア担当と情報共有や前日業務の引き継ぎなどを行います。
12:00〜13:00昼食
12:00〜13:00フロア巡回
フロア担当と情報共有や前日業務の引き継ぎなどを行います。
15:00〜16:00デスクワーク
書類作成などの事務処理に従事。
16:00〜17:00ショップ本部と面談
課題を抱えているショップの本部担当を招き面談。定量と定性、双方のデータ分析をしながら一緒に課題解決を目指します。
17:00〜18:00フロアミーティング
フロア担当へ翌日の業務の引き継ぎやお互いの進捗状況を確認後、退社。

館内イベント実施の流れ

4月
半期に1度開催の本部合同フロア会にて本部・各ショップにイベント内容の告知
5月
各ショップへ協力依頼
6月
決定した内容に基づいてチラシなどの掲示物作成、実施
7月
終了後はアンケート回収や実施後の振り返りを行い、次回のイベントにつなげる