株式会社ルミネ 新卒採用情報

NEW GRADUATES RECRUITING INFORMATION

Eコマース オムニサービスを発展させ、
より便利で身近なルミネへ。

実店舗と連携しながら
ECサイト独自の挑戦を

若杉 信智 NOBUTOSHI WAKASUGI

本社 営業本部 Eコマース事業部長
2010年入社

公式通販サイト「i LUMINE」の
開発・運営を行っているEコマース事業部。
2008年のサービス開始以来、実店舗を補完しながら、
ECサイトとして独自の進化を遂げてきました。
サイト設立から10周年の節目を迎え、
新たな10年に向かって歩み始めた
Eコマース事業部の挑戦を紹介します。

ルミネとお客さまの接点を増やす

数あるECサイトの中で、i LUMINEの最大の強みは実店舗やルミネカードと連携したオムニサービスを展開できる点です。たとえばiLUMINEに在庫がなくても実店舗に在庫があれば、取り寄せてお客さまに商品をお送りすることが可能です。またルミネカード10%オフなどのキャンペーン期間中には、引越しやライフステージの変化などの影響で、実店舗から足が遠のいてしまったお客さまにもECサイトの中では実店舗と同様にお買い物を楽しんでいただくことができます。さらに今後の取り組みとしてルミネ限定商品を各ショップと企画し、実店舗とECの双方で販売していくなど、実店舗との連携施策を推進していきたいと考えています。こうしたオムニサービスを展開しながら、ルミネをお客さまにとってより便利で身近な存在に成長させていくことがEコマース事業部の使命です。

AIを活用し、潜在的なニーズに働きかける

実店舗と連携する一方、ECサイト独自の進化も遂げています。たとえばAIによるおすすめ商品の自動最適化広告がそのひとつです。店頭での接客がないECだからこそ、お客さまのネット上での行動履歴や閲覧されたアイテム属性などの、ビックデータを解析することにより、「この商品気になっていた」、「こういうのが欲しかった」という思いに応え、一人ひとりに合ったおすすめ商品を提示しています。また、お客さまが一度カート入れられたものの、購入に至らなかった商品について、メールを通じて再訪問を促す「カゴ落ちメール」の取り組みを実施しています。このようにお客さまが訪れるのをただ待つのではなく、こちらから潜在的なニーズに働きかけることができるのはECサイトならではの強みです。さらに各ブランドの最新情報や季節のコーディネートなどを紹介することで、ルミネらしいワクワク感を演出。ただ商品を買っていただくだけでなく、お買い物を楽しんでいただけるようなサイトづくりを意識しています。

既存のルミネの枠を超えた、ユーズドショップとのタイアップ企画

2017年には新たな取り組みとして、ユーズドセレクトショップ「RAGTAG」と古着買い取りのタイアップ企画を実施しました。キャンペーン期間中、i LUMINE上でRAGTAGによる古着の買い取りを募集。買い取りが成立したお客さまには、RAGTAGからi LUMINEで利用できるクーポン券が発行されるという仕組みです。お客さまにとってはクローゼットの中を整理するのと同時に、クーポンを利用して新たな商品を購入するきっかけをご提案。i LUMINEの販売促進につながることはもちろん、RAGTAGからも取扱い商品とルミネの顧客層との親和性が高いと好評です。このように既存のルミネの枠にとらわれず、新たなビジネスチャンスを創出することで、お客さまに選ばれるECサイトの確立を目指しています。

お客さまにとって、何が便利か

今後もIT技術の進化によって、ECサイトは私たちが想像できないところまで生活に影響を及ぼすようになるでしょう。時代の変化の中でECサイトの担い手にはスピーディな対応と柔軟な発想が求められますが、大切なことは、どうすればお客さまが便利になるかを問い続けることです。そのヒントを見つける上でポイントになるのがお客さまの声。コールセンターを通してi LUMINEに届く声はもちろん、実店舗でダイレクトに得られるお客さまの反応や動向も、ECサイトのこの先の10年を考える上での重要なヒントになります。お客さまの声に真摯に耳を傾けながら、私たちと一緒に新たなサービスの仕組みをつくっていきたいというチャレンジ精神旺盛な方に、ぜひ入社していただきたいと思います。