社長メッセージMessage from the President

お客さまのライフバリューを高める、
ルミネの理念の実践者に

森本 雄司

代表取締役社長

森本 雄司 MORIMOTO YUJI

地域性を踏まえた、ニーズの半歩先をいくサービス

ルミネの最大の強みは、企業理念「the Life Value Presenter お客さまの思いの先をよみ、期待の先をみたす。」が社員はもちろん、各館のショップスタッフ一人ひとりにまで浸透していることです。この言葉には常にお客さまのニーズの半歩先を捉え、お買い物という日常生活の中で、新たな価値を提供していくことへの意志が込められています。
私たちが目指しているのは、お客さまが訪れるたびに驚きや感動を得られる鮮度の高い館づくりです。そのためには、マニュアル化された手法や過去の成功体験にとらわれず、常に新たな施策を追求する姿勢が必要です。さらに館ごとの立地や顧客性といった地域の特色も読み解くことで、均質化することなく、お客さまの多様なニーズに応える独自の進化を遂げてきました。

より幅広いターゲットを視野に入れ、多彩な提案を

みなさんが抱くルミネのイメージは、若い女性をメインターゲットにしたファッションビルという印象が強いのではないでしょうか。確かに、これまでは主に20代~30代の働く女性に焦点を当てた商品やサービスを提供してきました。しかし、少子高齢化社会を迎えた今、ルミネではより幅広い顧客層へのアプローチを試みています。従来のターゲット層に引き続き焦点を当てながら、その前後の世代の女性や、男性、ファミリーといった周辺のターゲット層も意識。それぞれにとって上質なライフスタイルは何かを慎重に検討しながら、よりきめ細やかな提案を実施していきます。

深いマーケット理解に基づき、お客さまの暮らしを豊かに

その上でルミネにとって大きな武器となるのが、お客さま理解の深さです。「ルミネカード」をはじめ、公式通販サイト「i LUMINE」、公式アプリ「ONE LUMINE」などから得られる顧客データをもとに、マーケットの動向やニーズを分析。その情報をもとに、ショップスタッフと連携して店頭・サービス・商品について求められていること+αの提案を追求していきます。
同じことが、日々お客さまと接するルミネメイトにも求められます。カウンターでのご案内業務でも、ただ尋ねられた質問に応えるのではなく、その先にあるお客さまのニーズをくみ取ることで一歩踏み込んだご提案ができるようになります。一つひとつはささやかなことかもしれませんが、その積み重ねがお客さまのライフバリューの向上につながっていくのです。そんなルミネの理念の実践者として、お客さまの暮らしをより豊かにしていきたいという、チャレンジ精神旺盛な方にお会いできることを楽しみにしています。